ラップで伝えるパレスチナの窮状 Danny Jinさん

今朝何げなくNHKのニュースを見ていたら、彼が紹介されていました。わあ、凄いな!と思ってチェックしました!パレスチナにルーツのあるダニーさん。ラップを通して日本人にパレスチナの問題を伝えたいと考えておられるそうです。どこのハーフ?と聞かれたら、パレスチナだよと答える。パレスチナってどこ?と質問されたら、会話が始まるよねと。

日本で育ち日本人に揉まれて育ってきた彼ならではの手法。頑張って欲しい。ラップのルーツは黒人音楽であり、差別への怒りや自由や平等への渇望がテーマだった。まさに、彼に相応しい表現だと思う。応援します!

#Danny Jin

#パレスチナに自由と平和を

#停戦してください

#日本語ラップ

木津川市を誰にとっても温かいまちに変えよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です